横浜中華街の思い出について

先日、横浜中華街に行ってきました。中華街は、子供の頃は、なかなか行く機会がなく、「遠足で行くような場所」というイメージでした。ただ、行った時のイメージは、とても鮮明で、個人的には、「自分が幼少期に憶えている古い記憶」の一つと言ってもいいでしょう。
確か、幼稚園の鼓笛隊のイベントで横浜に行った帰りに、横浜中華街を訪れました。そして、机が回転する席に座り、中華料理を食べました。私が印象に残っているのは、そこで注文した、海老チリが口に合わず食べることができなかった思い出です。確かトイレで嘔吐した気がします。今は、海老チリは問題なく食べれますし、むしろ大好きです。
横浜中華街は、娘と行くことが多いのですが、保育園に通っている娘は、以前の私とは違い、海老が大好きで海老チリも好物の一つです。中華街は、大人でも迷うくらいのたくさんのお店がありますが、以外と前に行ったお店を憶えていて、「来たことある」と教えてくれたりします。
娘が自分くらいの歳になった時、果たしてどこまで憶えているのでしょうか。オデキは、自宅のケアが充分です